子供の矯正Ⅰ期治療 上顎前突 9歳 Part 2|宇部市の歯医者

小児歯科

子供の矯正Ⅰ期治療 上顎前突 9歳 Part 2

 

上の歯が出て気になるということで 1期治療を行いました。

 

治療前

 

治療後

上下ともきれいに並びました。

しかし、まだ 上あご対して下あごが引っ込んでいる状態です。

正しい咬みあわせにする為には 上の歯並びをもう少し引っ込める為に さらに2期治療が必要になります。

が、患者さん側が結構満足されてしまい 1期治療までということになりました。

 

現在は、下あごの成長を促すために 保定装置(取り外し)を利用して 出来るだけ正しい咬みあわせになるように経過をみています。

 

おそらくですが、大人に成長してからの矯正治療では 小臼歯の抜歯は免れなかったのではないかと思われます。

このように、子供の成長発育段階を利用して 土台になるあごの形から歯並びを整えることで、抜歯を免れて 広い口腔内を維持出来るということは かなりのメリットだと思います。

 

 

宇部市山門の歯医者なら ばん歯科クリニック

気軽にご相談ください。  tel   0836(37)2355