矯正1期治療 前歯の反対咬合|宇部市の歯医者

小児歯科

矯正1期治療 前歯の反対咬合

 

4才の時から当院に通っていただいている女の子です。

 

 

7才の時、上の前歯がねじれて生えてきて反対咬合に。

 

 

 

半年後、改善は見られず。下の前歯もねじれてきて、上下とも歯が生えるスペース不足は明らかです。

このままだと下の前歯が前に押し出されて 根が露出してきて、長い歯になってしまいます。

早急にリンガルアーチにて反対咬合の治療を行い、約3ヶ月で改善。

しかし、スペースの不足の為、歯のねじれ(叢生)は相変わらず。

上下4本ずつ前歯が生えそろった頃から 矯正1期治療を開始。

 

 

 

固定式拡大装置で拡大後、前歯の永久歯はワイヤーで部分矯正しました。

これが矯正1期治療です。期間は約1年間。

装置をはずしてすぐなので歯肉形態が少しいびつです。

 

 

 

矯正1期治療終了から1年10ヵ月後です。

治療後も保定装置を入れながら経過観察を続けています。

乳歯が永久歯に生え変わり、綺麗な歯並びで安定した状態で保てています。

 

 

 

治療前

 

治療後

 

 

矯正治療費  35万円(税別)

 

宇部市山門の歯医者なら ばん歯科クリニック

気軽にご相談ください。  tel   0836(37)2355