子供の矯正のメリット・デメリット~矯正開始の時期について|宇部市の歯医者

小児歯科

子供の矯正のメリット・デメリット~矯正開始の時期について

 

子供の歯が大人の歯に生え変わりだすと、歯並びが気になってきます。

「歯並びが悪いから子供のうちに治してあげたい。」

でも、「生え変わりが終わってない時期から矯正する必要があるの?」

「子供の頃から矯正で痛い思いをさせるのは可哀想。」

など、子供のうちに矯正治療が必要なのか、大人になってから矯正治療すればいいのではないか、と悩むこともあると思います。

 


矯正開始の時期について

子供の矯正には2つの治療時期があります。

3歳頃から小学校高学年くらいまでに行われるⅠ期治療、中学生や高校生になってから行われるⅡ期治療です。

◎Ⅰ期治療・・・まだ生え変わっていない永久歯を正しい位置に誘導したり、顎の成長を正しい位置に施す治療です。歯並びを整える治療というよりも、上下の顎のバランスや顎の幅などを整え、将来理想的な歯並びが作れるようにする治療です。

◎Ⅱ期治療・・・すべての永久歯が生え揃ってから歯並びをきれいに整えていく治療です。

 

子供の矯正のメリット・デメリットについて

*Ⅰ期治療のメリット

・生え変わり時期に歯の生える方向やスペースをコントロールすることで、大人になってからの矯正治療が必要なくなる可能性がある。または、大人になってからの矯正治療の期間を短縮できる。

・顎の成長を助ける。

・呼吸や滑舌、舌の正しい位置を知ることで歯並びが悪くなる原因を減らす。

・将来的な虫歯リスクが減る。

生え変わりの途中で矯正治療をすることで、大人になってからの治療を軽減させたり、治療期間を短縮、軽減させたり出来ることが、Ⅰ期治療によって得られる大きなメリットのひとつです。

 

*Ⅰ期治療のデメリット

・治療期間が長くなる場合がある。

・虫歯になるリスクはあがる。

・本人のやる気が必要

子供それぞれの顎の成長や歯の生え変わりに合わせての矯正治療なので、大人の矯正よりも期間が長くなる可能性があります。

固定式の矯正装置は、磨きづらくなり虫歯のリスクが高まります。しかし、子供の頃から矯正をして口の中の環境(歯並び、呼吸、舌の位置)が良くなれば、当然虫歯リスクは低くなります。

 


 

たった一本の歯がずれることから、それがずれを生みだして又ずれていくこともあります。

初めの一本目のずれを速やかに修正してやることで後の歯並びが健全に保たれる場合も多々あると思います。

「見た目や咬み合わせが気になる。」「これは矯正したほうがいいのかな?」など、気になる点がありましたら一度矯正相談を受けてみることをお勧めします。

 

宇部市山門の歯医者ならばん歯科クリニック

気軽にご相談ください。  tel   0836(37)2355