正中過剰歯|宇部市の歯医者

小児歯科

正中埋伏過剰歯

 

正中埋伏過剰歯とは、前歯の歯ぐきの中に埋まっている ”余分な歯”のことをいいます。

余分な物なので、後に生える永久歯の邪魔をして、歯並びに悪影響を与えることが多いです。

何の影響も無いのなら、そのまま経過観察 という場合もありますが、ほとんどの場合は要抜歯となります。

抜歯は 早ければ早いほうが良いと思いますが、早いほど患者さんは年齢が低いということになります。

歯を抜く ”タイミング”が大事です。


5歳(男の子) レントゲンにて正中埋伏過剰歯を確認。

もう少しで歯が出てきそうなので、今回は、埋まっている歯が出てきてから抜歯することをお母さんに説明。


10ヵ月後、正中過剰歯(尖った歯)が出てきました。

隣の乳歯もグラグラなので一緒に抜歯。


半年後、永久歯が1本萌出。


3ヶ月後、もう1本萌出。


3ヵ月後

矯正も何もしなくても、まずまずの位置です。

もし、過剰歯を抜くタイミングを逸していると いわゆる ”すきっ歯”になってたかもしれません。


歯が生え変わる時に邪魔なもの(抜けない乳歯や過剰歯など)があれば、歯は本来の位置から外れたところから生えてしまいます。

「様子を見ましょう。」ではなく、その時その時にしっかりとした対応が必要だと思います。

 

*費用:保険内治療

 

宇部市山門の歯医者なら ばん歯科クリニック

気軽にご相談ください。  tel   0836(37)2355