新型コロナウイルス感染症の感染リスクを下げるには?|宇部市の歯医者

院長ブログ

新型コロナウイルス感染症の感染リスクを下げるには?

新型コロナウイルス感染症は、インフルエンザもそうですが「ウイルス感染」です。

ウイルスは主に目や鼻や口から入ってきますが、入ったら直ぐに感染するわけではありません。ウイルスが体内の粘膜細胞内に侵入することで感染となるのです。

口腔内では、IgAという抗体が働いて害を及ぼすウイルスや細菌などを排除してくれて粘膜細胞内に侵入することを防いでくれます。しかし口の中が汚れていては排除するものが多すぎて排除しきれません。なので毎日の丁寧な歯磨きが大事です。

さらに、口腔内に歯周病が起きて歯周病菌が増えてしまうと、それがタンパク分解酵素というものをまき散らします。タンパク分解酵素はウイルスが粘膜細胞の中に侵入するのを助けるので、ウイルス感染を進めてしまいます。

簡単に言うと、歯周病や虫歯などで口腔内の状態が悪い人は、ウイルスが体内に侵入しやすくなって感染し易くなってしまうということです。

新型コロナウイルス、インフルエンザの感染予防・重症化予防のためにも口腔内をきれいな状態に保つ事が重要です。手洗い・うがいに加えて毎日の丁寧な歯磨きでウイルスに負けない健康な身体を維持しましょう。

 

 

 

宇部市山門の歯医者なら ばん歯科クリニック
気軽にご相談ください。  tel   0836(37)2355

 

 

<a href=’https://jp.freepik.com/vectors/medical’>Brgfx – jp.freepik.com によって作成された medical ベクトル</a>