子供の矯正Ⅰ期治療 上顎前突 9歳 Part 111111|宇部市の歯医者

お知らせ

子供の矯正Ⅰ期治療 流れ 

 

10歳女子 歯科検診で来院。下の前歯のねじれを指摘すると、歯並びもが気になるとの事。

 

一見キレイな歯並びに見えますが、よく見ると下の前歯が重なって生えてきています。

10歳という年齢から、これからの成長に期待して「様子を見ましょう。」となりがちですが、犬歯間幅径(右の犬歯から左の犬歯までの前歯6本分が生えるスペース)は上下ともにこれ以上成長は期待できないので大人になってもほぼこのままでしょう。

大人になってから矯正治療を始めてもきれいになると思いますが、抜歯の可能性が出てきます。

子供の時の成長を生かして出来るだけ歯の生えるスペースを拡げてあげた方が良いと思います。

口の中の空間が広いほど舌位や呼吸や発音、咀嚼の面でも良いのです。


患者さんに矯正Ⅰ期治療の方法、期間、リスク等の説明をして了解のもと Ⅰ期治療の開始です。

上下ともに拡大して歯が並ぶスペースを作ります。

先ずは上あごの拡大です。

続いて 上の装置に慣れてきたら下あごの拡大です。

当院では、拡大治療に関しては取り外し可能な装置(マウスピースや床タイプ)は後戻りなどが起きやすいと考えられる為 使用していません。

固定式なので 確実で速いです。

食べ物がはさまったり、話しにくかったりと、初めはありますが すぐに慣れます。

上の左の写真が装置装着時、右が3か月後です。

前歯のあたりに隙間が出来て左右の奥歯の距離が大きくなっています。

半年ぐらい拡大してそのまま保定の為に3,4か月おきます。

次に前歯のみブラケットによる歯並びの改善を行います。(写真を撮ってません。)

拡大装置は外します。

上下ともきれいに並びました。

9ヶ月間のブラケットとワイヤーの矯正でかなりきれいになりました。

ワイヤー、ブラケットなど全部外して、きれいに歯を研磨して保定装置(取り外し)を装着。

半年くらい 起きている時で食事時以外に出来るだけ着けてもらいました。

今回は特に噛み合わせもよく、後戻りの心配も無さそうなので保定終了。

3ヶ月ごとの経過観察を行なって、異常が起きたら素早く対応出来るようにしています。


 

治療前

 

1期治療後

正面から見ると下の前歯が見えるようになって、上下の歯がバランス良く見えます。

噛み合わせの面から見ても上下ともにキレイな半円形になっています。

このように、子供の成長発育段階を利用して 土台になるあごの形から歯並びを整えることで、抜歯を免れて 広い口腔内を維持出来るということは かなりのメリットだと思います。

 

治療費 35万円(税別)

 

宇部市山門の歯医者なら ばん歯科クリニック

気軽にご相談ください。  tel   0836(37)2355