矯正歯科|宇部市の歯医者

矯正歯科

矯正歯科について

ばん歯科クリニックでは、様々な矯正治療を行っています。
治療では、患者様が納得されるようにコミュニケーションをとることを心掛け、一人ひとりに合った治療計画を考えています。

最新の設備と技術向上により、皆様によりよい治療結果とご満足をお届けしたいと思っています。

不正咬合の種類

お子さまの矯正

子どもの不正咬合は、乳歯のときの噛み癖で、下顎が上顎よりも前に行ってしまう機能性のものや、お父さんやお母さんの遺伝によるものがあります。一般的には、骨格的な要素の強い受け口の治療の方が難しく、時間もかかります。

また、鼻詰まり、出っ歯、前歯のガタガタ、前歯が噛み合わない開咬、下顎の歪みなど、不正咬合には様々な症状があります。鼻で呼吸がしづらいと、自然に口呼吸をしてしまいます。口呼吸をすると、舌、頬、口唇といった歯を取り囲んでいる組織のバランスが崩れて、様々な形態の不正咬合がひき起されるのです。

口呼吸を治すことが子どもの矯正治療において、非常に大きなウエイトを占めます。
当院では、まず鼻を通してあげること、鼻で楽に呼吸をさせてあげることを大切にしています。実は上顎を拡げることで、そのような効果が得られます。学童期であれば、簡単に拡げることが可能です。この時期の治療を逃して、骨格が固まってしまいますと、治療は難しい範疇に入ってしまいます。

口呼吸をしているお子さんは、テレビを見たり、ゲームをしているときに口をぽかんと開けています。また、舌の位置が本来あるべき位置と違うので、しゃべり方が何となく他人と違う、発音がおかしい、食事に時間がかかる、子どもなのにイビキをかく、寝汗が多い、オネショをする、朝から疲れている等の症状がでることが多いです。そのようなサインを見つけたら、一度お子さんの口の中を覗いてみて下さい。
お子さんの不正咬合の問題点をよく理解して、その上で、ご家庭の価値感で、矯正治療を受ける、受けないの判断をされると良いでしょう。

お子さんの歯並びでお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

大人の矯正

大人の矯正とは、成人されてから始める矯正のことです。昔は、矯正治療というと子供が行うものというイメージが強かったのですが、最近では矯正治療も多様化し、ニーズに合った矯正治療を選択できるようになってきました。子供との大きな違いは、成長発育がないことです。

また、歯周病の治療、補綴治療、欠損部へのインプラント治療など、包括的 な歯科治療の一つとして矯正治療が用いられます。

アンカースクリューについて

アンカースクリューとは、インプラントアンカーとも呼びますが、チタン製のアンカースクリュー(直径1.5ミリ前後、長さは6~10ミリ前後の小さなネジ状のもの)をあごの骨にネジ留めし、歯を動かすための固定源とする治療法です。
煩わしい顎外固定装置から解放され、予知性の高い治療が期待できます。

インプラントとは、使用法が全く異なり、治療において常に考えなくてはなないことは反作用についてです。アンカースクリューを植立することで、臼歯が前方へ移動するという望ましくない動きがなくなり、従来の矯正治療では必要だったヘッドギアの呪縛からも解放され、これは患者さんの立場に立つとものすごい朗報です。

植立の際は、歯肉に少し麻酔を打つだけで、ほとんど痛みも無く、もちろん感染もありません。また、アンカースクリューを用いることで、従来では不可能とされていた歯の動きができるようになりました。その一つは大臼歯の圧下という移動です。上の大臼歯をわずかに骨に沈めることで、前歯の咬み合わせが劇的によくなったり、頤の位置が変わるなど、好結果をもたらすようになりました。また、上でも下でも、歯列全体を後方へ移動することもできるようになりました。これらは従来は骨切りを前提とした手術を伴う矯正歯科治療を行うこと以外にはほとんど不可能だったことです。アンカースクリューのおかげで、治療の幅が大きく広がりました。

プチ矯正について

前歯のガタガタが気になる、治療期間が長い、費用も高いなど、矯正歯科になかなか踏みきれなくて悩んでいる方にお勧めの治療法がプチ矯正です。
一般的な矯正治療は、上下の顎全体のバランスや咬み合わせを構築しながら歯並びを治していくため、年単位の治療期間がかかってしまいます。プチ矯正は、短期間で歯の見た目を安価で治すことができます。適応症かどうか十分な相談と検査が必要になりますので、お考えの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはコチラ