歯科用CT活用法 ハンズオンセミナー|宇部市の歯医者

院長ブログ

歯科用CT活用法 ハンズオンセミナー

歯科用CT低被爆高解像度になってきたため、インプラント治療だけでなく歯周病、根管治療、口腔外科、矯正など様々なケースに使われるようになってきています。
CTで確認してみると、今まで見えなかった病変が見つかったり 失われた骨を立体的に捉える事が出来るのでより正確な診断が出来、治療を効率よく進める事が出来るようになってきました。
つまり今まで手探りで行っていた様な治療でも、事前に多くの情報を得る事が出来るため事前対応が可能になるという事です。
それらの情報を基に正確に診断する事が、満足度の高い治療結果に結びつくのではないでしょうか。

今日のように患者さんの歯科医療に対する見方もシビアになってきた時代だからこそ納得のいく医療の提供が必須になってきています。
カウンセリング時、患者さんにとって自身の歯牙や骨の状態を3D画像による説明を受ける事で現状を把握し納得しやすくなります。

という事で、セミナーに行ってきました。
かなり有効なツールで、あると便利です。
思い切って、買っちゃいますか。


奥の方まで見えますよ