ご予約・お問い合わせはこちらから

0836-37-2355
【診療時間】
平日9:00~12:30/14:00~18:30 土曜 17:00まで
【休診日】
木曜/日曜/祝祭日

※祝日のある週の木曜日は18時半まで診療いたします

インプラント治療

インプラントとは

虫歯や事故など様々な原因により、人は歯を失います。1本だけ失う場合や、並んだ何本かを失う場合もあります。また、上顎や下顎の全ての歯がなくなってしまうこともあります。

失った歯が1~2本の場合、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や「差し歯」などの義歯が適用されることが多く、全部の歯がなくなった場合には、総入れ歯を作るのが一般的な解決法として普及しています。しかし、ブリッジや差し歯の場合、多くの問題があります。

このような問題を抱える患者様のために、研究、開発されたのがインプラント(人工歯根)による治療です。歯は目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、現在のインプラント(人工歯根)療法です。この治療方法では、残っている健康な歯への影響がなくなります。顎の骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。歯を失ってお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インプラント治療はこんな方にオススメです

  • ブリッジで健康な歯を削ることに抵抗のある方
  • 入れ歯が合わず何度も作り直している方
  • 一番奥の歯を失い、ブリッジができない方
  • 噛み合わせの強い方
  • 入れ歯を清掃することにわずらわしさを感じる方
  • 固いものが噛めず食事を楽しめない方
  • 入れ歯のバネが気になる方
  • 入れ歯でしゃべりにくい方

インプラント・ブリッジ・
部分入れ歯の違い

インプラントの特徴

歯を失った部分の顎の骨に、金属製の人工歯根を埋め込みます。その後金属と骨が結合したら、上から被せ物を被せて歯の機能を回復させます。

Merit

  • 噛み合わせの長期安定
  • 咀嚼能力の改善
  • 健康な歯を傷つけない
  • 自然歯と同じ見た目
  • 自然歯と同じ噛み心地
  • 長持ちする

Demerit

  • 治療期間が長い
  • 保険適用外の自費診療のため、費用が高くつく

ブリッジの特徴

歯を失った部分の両脇の歯を削り、そこを支えにして橋をかけるように被せ物を装着する治療方法です。歯を1~2本失った場合に用いられます。

Merit

  • 自然歯と同じ見た目
  • しっかり咀嚼できる
  • 噛み合わせの改善
  • 保険適用の素材を使用すれば治療費が安い

Demerit

  • 土台となる歯が必要
  • 失った本数が多いと治療できない
  • 土台となる健康な歯を削る必要がある
  • 土台となる歯に負荷がかかる
  • 清掃しにくい

部分入れ歯の特徴

歯を失った部分に入れ歯を入れて、残った歯に金属のバネを掛けて安定させる治療法です。バネがなかったり、見えなかったりするタイプもあります。

Merit

  • 咀嚼機能の改善
  • 保険適用の入れ歯を使用すれば治療費が安い

Demerit

  • 入れ歯を支える歯や骨に負荷がかかる
  • 数年ごとに調整が必要
  • 安定した噛み合わせを維持しにくい
  • 装着時の違和感を感じる

インプラント治療の流れ

  1. 検査と治療計画
  2. 一時手術
  3. 定着期間
  4. 二次手術
  5. 人工歯の装着
  6. 定期メインテナンス

インプラントの治療期間・治療回数(定期メインテナンス期間を除く)

  • 期間 約3か月~4か月
  • 回数 10回程度

当クリニックの
インプラント治療の特長

1CTを使用した精密検査で
現状の把握

インプラントを安全に埋入するには、平面のレントゲン撮影だけでは不十分です。そこで当クリニックではCT撮影を行って、顎の骨の厚み、密度、神経や血管位置などを全て把握したうえで治療計画を作成します。CT撮影によって立体的なデータが得られれば、従来は骨造成が必要だと思われた症例でも特別な処置が必要なく、インプラントを埋入できるケースもあります。 CT撮影は、インプラント手術の安全性を高めるうえで欠かすことができません。

2安全性を高めるガイド手術

当クリニックでは、CT撮影データとシミュレーションソフトウェアを組み合わせて、治療計画の立案を行っております。計画通りにインプラントを埋め込むために、専用のコンピューターで患者様ごとのサージカル・テンプレート(手術用補助器具)を作製する場合もあります。
サージカル・テンプレートにはあらかじめ設計した、患者様それぞれに適するインプラントの位置・角度・深さなどが正確に記録されているため、インプラントを入れるためのドリルを正確に導くことが可能です。

3使用するインプラント体への
こだわり

当クリニックでは、世界3大インプラントと言われているノーベルバイオケアインプラントシステムとアストラテックインプラントシステムを使用しております。患者様の様々な症例および骨のタイプに対応する製品を使用することで、より確実な治療を実現することができるようになりました。
インプラントは、多様なサイズ展開があります。アバットメントのコネクションも3種類のタイプがあり、患者様にとって一番適しているサイズに合わせて治療を行います。

当クリニックでは「スクリュー固定」が可能なタイプのインプラントを使用しています。直接インプラント本体に上部構造をネジ止めできるのが特徴です。つまり、セメントを一切使わずに固定可能です。結果的にセメントが原因で生じるインプラント周囲炎のリスクを最小限に抑えられます。
また、スクリューを適正な力で回せば上部構造は外れるようになっています。メインテナンスの際にインプラント周辺組織のクリーニングもできることから、清掃性に優れているのがメリットです。

4信頼できる技術と症例実績

インプラント治療は、経験と技術が品質や安全性に大きく影響すると言われています。
当クリニックでは、多くの症例数の他に技術向上となる活動を日々行っています。
インプラント治療に対して怖いというイメージをお持ちの方へ。当クリニックでは、インプラントの必要性をしっかりとご提案をさせていただきます。どんな些細なことでもかまいませんので、一度お気軽にご相談してください。

5充実した保証制度と
メインテナンス

当クリニックでは、インプラント治療に保証制度を設けています。
顎に埋め込むインプラント体は10年間、上部構造は5年間保証いたします。
保証の条件は、定期的に当クリニックへメインテナンスに通っていただくことです。
手術後もしっかりとケアをしないと虫歯や歯周病などになってしまう可能性があります。定期的なメインテナンスを行わなければなりません。
定期的なメインテナンスを行い、安定した口腔内環境を整えていきましょう。

インプラントのよくある質問

Q
手術は入院が必要でしょうか?
A
インプラントの手術は局所麻酔で行います。抜歯の処置と同じなので、入院の必要はありません。少し休憩をとっていただいた後は問題なくご帰宅が可能です。
Q
手術後、当日の食事は可能ですか?
A
手術後も当日からお食事が可能です。ただし、熱いものや辛いものなどは患部を刺激するため、腫れが引くまでは控えるようにしましょう。
Q
歯周病でも、インプラントはできますか?
A
歯周病にかかった状態でインプラントを行っても、インプラントが長持ちしません。そのため歯周病に罹患している場合は、インプラント治療の前に歯周病治療をご提案しています。

インプラント 奥歯2本 70代

Before

After

主訴 左下の奥歯2本(上のレントゲン写真の右から2.3番目)歯根破折
年齢・性別 70代・男性
治療期間・回数 7か月
治療方法 歯根破裂した歯を抜歯、4ヵ月後にインプラント2本の埋入
費用 ノーベルガイド  55,000円
インプラント  660,000円(2本)
デメリット・注意点 保険適用外の自費診療です

インプラント料金

  • インプラント(上部構造込み)¥330,000/1歯
  • ノーベルガイド¥55,000
  • GBR(骨再生誘導)¥55,000
ページトップへ