大人の矯正(歯周病によるフレアーアウト)|宇部市の歯医者

症例紹介

大人の矯正(歯周病によるフレアーアウト)

 

34歳 女性

 

歯周病によるフレアーアウトを起こして、だんだん歯が出っ歯になっている。

フレアーアウトとは、前歯の歯並びが前方に放射状に倒れていく現象です。それまできちんと並んでいたはずの歯並びが、年齢とともに徐々に前方に突き出るようになる「出っ歯」や歯と歯の間隔が次第に開いてくる「すきっ歯」になっていきます。 痛みもなく非常にゆっくりと進行するため、自分では気づかないことが多く、30~40代になってから、そういえば前歯の歯並びが昔と違う?と思うことが多いのです。

 

まず、3ヶ月かけて歯周病と虫歯の治療を行い、口腔内を安定させました。

 

 

上顎と下顎に押しつぶされて、歯がどんどん倒れていきそうです。

年齢的にも若く このままでは長期的に持ちそうにないので、

奥歯の噛み合わせをちゃんと作ってフレアーした前歯も立てて 歯並びを整える矯正治療を提案したところ、了解され全額矯正治療を開始。

 

ブラケットはインダイレクトボンディングシステムにより、まとめて接着。

 

上の両奥歯の歯肉にMIA(マイクロインプラントアンカー)を植立し、それを固定源にして上の歯列全体を引っ張ります。

 

 

歯周病のリスクもあるため 程良いところでフィニッシュです。

正面からの写真を比較すると、下の前歯が隠れていたのが より見えるようになり、歯列のアーチも綺麗になりました。

患者さんのモチベーションもアガって、ブラッシングも良くなり歯肉も安定。

あとは状態を維持するためにメンテナンスです。

 

このように、矯正は 見栄えを良くするだけではなく 歯を長く機能させる為にも必要な治療です。

 

矯正治療期間 1年6ヶ月

矯正治療費  70万円(税別)