WEB予約

ご予約・お問い合わせはこちらから

0836-37-2355
ネット予約24時間受付中
【診療時間】
平日9:00~12:30/14:00~18:30 土曜 17:00まで
【休診日】
木曜/日曜/祝祭日

※祝日のある週の木曜日は18時半まで診療いたします

症例紹介

矯正

前歯部分矯正 ブラケットフリー(Aline tube)

Before

After

症例情報

主訴 前歯が欠けているのが気になる
診断名 叢生
年齢・性別 30代女性
治療期間・回数 8ヶ月。10回。
治療方法 Alinetubeによる部分矯正
費用 165000円
デメリット・注意点 保険適用外の自費診療です
部分矯正中はむし歯と歯周病のリスクがある。
口内炎、歯根吸収、正中のずれ等の可能性があります。
歯が浮いたような痛みを伴うことがあります。
場合によっては予定通りに歯が動かないこともあります。
部分矯正後は保定が必要になります。
部分矯正は治療できる範囲や症状が限られています。

前歯が欠けて抜歯しましたが、内側の歯が邪魔でブリッジが入れにくい状況です。

なるべく削らずに健全歯質を残す方法として 部分矯正を提案しました。


今回は、大きくねじれた歯を速く並べる為にAline tubeを使用しました。

ブラケットフリーなので装置の痛みは無いです。


左右に前歯が非対称なので、審美的に良くする治療を提案しましたが本人がこれで満足だということで治療終了です。

下の歯は何もしていません。


治療前と治療途中と治療後

正面

 

咬合面

 

側面

 

患者さんは初診時から「痛みが苦手」と訴えていたので、インプラント治療やブリッジなど選択肢はいろいろありましたが良い結果になったと思います。(時間と費用は少しかかりますが)

 

ページトップへ