WEB予約

ご予約・お問い合わせはこちらから

0836-37-2355
WEB予約
【診療時間】
平日9:00~12:30/14:00~18:30 土曜 17:00まで
【休診日】
木曜/日曜/祝祭日

※祝日のある週の木曜日は18時半まで診療いたします

症例紹介

矯正

大人の部分矯正 開咬 20代女性

Before

After

症例情報

主訴 出っ歯,前歯が大きいのが気になる
診断名 開咬を伴う上下額前突
年齢・性別 20代女性
治療期間・回数 5か月。8回。
治療方法 マルチブラケット装置による部分矯正
費用 分析料 22000円
矯正治療費 220000円
デメリット・注意点 保険適用外の自費診療です
部分矯正中はむし歯と歯周病のリスクがある。
口内炎、歯根吸収、正中のずれ等の可能性があります。
歯が浮いたような痛みを伴うことがあります。
場合によっては予定通りに歯が動かないこともあります。
部分矯正後は保定が必要になります。
部分矯正は治療できる範囲や症状が限られています。

 

車で1時間以上かかる所からわざわざ来院されました。当院が3軒目だそうです。

「出っ歯,前歯が大きいのが気になる。」という事ですが、抜歯に対しては抵抗があるようでした。

歯並びの状態としては、開咬を伴う上下額前突です。

おそらく口呼吸と舌癖が原因と思われます。

口元の突出感が気になって、引っ込めたいならば抜歯を伴う全顎的矯正治療になります。

部分矯正で行くなら、どこかで妥協しなければなりません。

レントゲンによる骨格の分析や歯の大きさの分析をして、十分な説明の後に部分矯正にすることで同意を得ました。

 


 

術前と術後

装置を外した直後なので面荒れしてますが、ツヤが出て綺麗になります。

思った以上に速く、綺麗に仕上がりました。

ディスキングを行い、出来るだけ口元を引っ込めました。

前歯が立ってきて開咬も改善されています。

開咬は舌癖が原因のことが多く、舌癖が治らなければ後戻りが起きやすいので要注意です。

 

 

宇部市山門の歯医者ならばん歯科クリニック

気軽にご相談ください。

tel   0836(37)2355

 

ページトップへ